事前の調査が成否の鍵!建設予定地の相場を調べておきましょう

土地探しも建設会社に相談する

土地を持っていない人が注文住宅を建てるときの流れとして、まず住みたい場所に土地を購入してその土地に建物を建てて行こうとするでしょう。土地の値段と建築会社が出す坪当たりの単価などから総費用がどれくらいになるかが分かるので、それが予算内に収まるよう土地を選ぶかもしれません。しかし、土地を先に決めてから建築会社に相談すると後から色々な費用がかかったり、その土地では希望の広さの家が建てられなかったりするなどの問題が出てくるときもあります。土地と建物は別のように感じますが、建築士などからすると土地によって建てる建物も変わってくると考えるでしょう。土地を探す前に建築会社を決めておくと、土地探しから相談に乗ってもらえ希望の住宅が作りやすくなります。

候補をいくつか決めて選択する

注文住宅は自由に家を建てる方法で、土地が無いなら土地選びから自由に行えます。何もかも自由になる分お金がかかる部分も多くなるので、予算があるなら十分考えながら決める必要があります。ある程度理想が決まってくるとそれに合う立地も決まってきます。そこでいくつかの候補地を決めてその中から該当する土地を探すようにしてみましょう。地域を一つに絞ってしまうとその分選択肢が狭まり、希望と予算の両方に合った土地が見つからないかもしれません。事前に複数の地域の相場を調べておけば、同じような価格で買える土地がわかります。その中から希望に合った住宅が建てられる土地を選べば、予算内に収められるだけでなく住宅の設備の希望も叶う家造りができるでしょう。

これから家を建てようと計画している人の中には、注文住宅を希望しているケースは少なくありません。ただし漠然としたイメージのまま話を進めてしまうと、失敗する可能性があるのです。そこで後悔しないためにも、最低限これだけは決めておくと良いことを紹介するので、参考になれば幸いです。