誰が家事をするの?一番長く家にいる人の意見を参考に

注文住宅でのキッチン作りは家事に従事する人の意見を重視する

注文住宅は間取りなど建物の構造について自分の希望を最大限、形にできるのが利点です。建売住宅には無い、快適な居住性を実現できるのが注文住宅ならではの魅力なので、その点を妥協してはいけません。特にキッチンは毎日の食事を作るのに欠かせない設備なので、使う人の意見を最優先する必要があります。家事を行わない人がデザイン性や値段を基に口出しをしても、実際にキッチンを使う人が持つ切実な意見には敵いません。使いやすい便利なキッチンにすることが、毎日の食事作りをこなしてくれる家族に対する感謝の気持ちになります。場合によっては高額な特注品のシステムキッチンを導入することにもなりますが、子や孫の世代まで長く使い続けるキッチンなので、利便性を保つための投資と考えれば安いものでしょう。

キッチンの利便性を決めるポイント

毎日の食事作りを効率的に行うには使いやすいキッチンにすることが最も重要なポイントです。キッチンの利便性は実際に家事を行う人の生活スタイルに合っているかが大きく関わります。どのような暮らしをしているか、得意料理は何かなど様々な事柄を踏まえてデザインするのが長期にわたって快適に使用できるキッチンに仕上げるための工夫です。また、マイホームは複数の世代にわたって住み続けることを前提に建てるのが一般的です。キッチンを使う人も代替わりするので、それぞれの世代の生活スタイルや価値観に対応できるように汎用性がある作りを意識する必要もあります。その他にも、日頃から清潔に使えるように掃除が容易にできるデザインにすることも大切です。

これから家を建てようと計画している人の中には、注文住宅を希望しているケースは少なくありません。ただし漠然としたイメージのまま話を進めてしまうと、失敗する可能性があるのです。そこで後悔しないためにも、最低限これだけは決めておくと良いことを紹介するので、参考になれば幸いです。