温暖地域?それとも寒冷地?住んでいる場所に合わせた間取りの作り方

快適に過ごす夢の注文住宅

マイホームの形としてはいくつか種類がありますが、その中でも贅沢なマイホームと言えるのが注文住宅になります。注文住宅であれば、間取りを自由に設計することが可能ですから、自分の思い通りの住空間を作り上げることが可能です。どんな間取りにすることで快適な生活を送ることができるは、注文住宅を建てる地域によって異なります。とても暖かい地域に土地を購入して注文住宅を建てる場合と、寒冷地域で注文住宅を建てる場合では、メインとなる部屋の場所が違います。暖かい地域であれば、南の向きに注意して、バランスの良い部屋づくりを行いましょう。例えば、メインの部屋を南に面した間取りで作ると、暑くて仕方ないでしょう。ただし、ベランダは南に作るのがおすすめです。

寒冷地域はできるだけ南に集中させよう

寒い地域に注文住宅を建てるときは、できるだけ各部屋が南に面しているようにしましょう。もちろん、すべての部屋が南になるのは難しいところですが、トイレやお風呂、キッチンまわり、さらには階段などを日の当たらない場所にして、部屋は南向きにするのがおすすめです。注文住宅はプロである建築士と相談の上、間取りを組み立てて行くことができますので、暖かい家づくりを目指すことが可能です。南向きなら冬場でも天気の良い日は太陽の日差しが家の中に入って、寒冷地でも暖かく過ごすことができるでしょう。また、暖房を使わなくて良い時間帯も増えるでしょうから、光熱費の節約にも繋がっていきます。このようにどこに土地を購入して注文住宅を建てるかで間取りの考え方を変えると快適に過ごせる家を建てられます。

これから家を建てようと計画している人の中には、注文住宅を希望しているケースは少なくありません。ただし漠然としたイメージのまま話を進めてしまうと、失敗する可能性があるのです。そこで後悔しないためにも、最低限これだけは決めておくと良いことを紹介するので、参考になれば幸いです。